商品開発セミナー「商品開発サクセス・セオリー<20時間>セミナー」

       【 日本オリエンテーション と わくわく商品開発研究所 共催 】

 

 

【商品開発プロになるための実践講座】の特徴

①トータルマーケティングに基づく商品開発のプロセス・スキル・マインド・発想を深く学べます

②長年のコンサルティング、企業での実践の成功事例・失敗事例を詳しく解説します。

③BtoCメーカー、BtoBメーカーの人と交流ができます。社外ネットワークが構築できます。

【講師】  
日本オリエンテーション 
主宰 松本勝英
1970年、株式会社日本オリエンテーションを設立、250社、300以上の商品開発、マーケティング・プロジェクトのコンサルティング経験と、30年150回、受講者3千人以上の「商品開発プログラムのたて方36時間セミナー」で講師を務め、「人間学」と「マーケティングのR&D」をベースに、商品開発・マーケティング活動を展開。

わくわく商品開発研究所 
所長 忽那公範
元花王株式会社(1984~2016年)。ビオレ毛穴パック、ふくだけコットン、めぐりズム蒸気でホットアイマスクなどの商品開発を27年。多くの新製品、新ブランド、新事業立上げをしてきました<BtoC商品開発>。2016年~はセミナー、コンサルティング、大学の講師などと、大手素材メーカーで、消費者視点で素材・技術の魅力を活かした商品の提案をしています<BtoBtoC商品開発>

 

【開催日程】

第153回   2021年

10月14日(木)10~12時、15~17時

10月15日(金)10~12時、15~17時

10月21日(木)10~12時、15~17時

10月22日(金)10~12時、15~17時

10月28日(木)10~12時、15~17時

第154回   2022年

1月13日(木)10~12時、15~17時

1月14日(金)10~12時、15~17時

1月27月(木)10~12時、15~17時

1月28月(金)10~12時、15~17時

2月10月(木)10~12時、15~17時

 

​*都合の悪い回があった場合は、次回以降で、その回について参加出来ます。

​  

【参加方法】

   zoomによるオンラインで実施

 

【参加費用】

   1名 110,000円 (税込)

    2名 176,000円 (税込)

【申し込み】下記URL(赤字)をクリックしてください

153回 2021年10月14日スタート

    URL : https://forms.gle/YphzrDQjrSmVz9L89

154回  2022年月13日スタート 

    URL :https://forms.gle/e7yh78X2yKb5PwGN6

 

 

【問い合わせ

        事務局 waku@wakuwakuken.com

   

【プログラム】

Ⅰ、商品開発成功の本質ーなぜ成功し、なぜ失敗するのか;担当 松本勝英

⑴、企業の成長と新製品率

⑵、顧客視点の商品と、企業視点の製品の違いを深く理解する

⑶、商品力の三角形をクリアーすることが成功のポイント

⑷、ナンバーワンを目指す開発テーマの設定

⑸、差別化から独自化へ

 

Ⅱ、実践;商品開発事例成功事例・失敗事例;担当 忽那公範

⑴、成功事例(どうして生まれたか?どう仕上げたか?など)

⑵、成功事例からの学び

⑶、失敗事例(なにが失敗の原因か?など)

⑷、失敗事例からの学び

⑸、わくわく商品開発をしましょう

 

Ⅲ、ニーズを発見し、新しいニーズを開発する;担当 松本勝英

⑴、市場の変化とニーズの捉え方

⑵、既存市場、顕在市場、創造市場とニーズ開発

⑶、市場を構造的に分析し、開発テーマ・商品ニーズを発見開発する

⑷、創造型商品のニーズを開発

⑸、ニーズ開発の調査手法

 

Ⅳ、実践:プロジェクト推進ノウハウ、開発の心構え」;担当 忽那公範

⑴、商品開発の心構え

⑵、商品開発センス磨きのために

⑶、開発を円滑に進めるコツ

⑷、プロジェクト推進の5か条

⑸、事例紹介

 

Ⅴ、商品コンセプト開発;担当 松本勝英

⑴、商品コンセプト開発の核は、消費者が期待する効用の開発から

⑵、商品コンセプトは、『効用×ターゲット×場面』の魅力関係の開発

⑶、効用の開発ー実質的効用、感覚的効用、意味的効用

⑷、ターゲットプロフィルの開発

⑸、場面開発—時、場所、状況の開発

Ⅵ、実践;調査設計、商品コンセプト作り;担当 忽那公範

⑴、商品開発フローとその調査設計

⑵、商品コンセプト作りの時に役立つ20のヒント ⇒ 深める

⑶、商品開発センス磨き

⑷、シーズの仕上げ方

⑸、調査設計

 

Ⅶ、商品コンセプト・クリエーション;担当 松本勝英

⑴、「で」から「が」

⑵、ネガティブの解消からポジティブの開発へ

⑶、生活DELIGHTの開発

⑷、既存視点を捨てて、新視点で商品コンセプトを開発する

⑸、AND化、上方展開など

 

Ⅷ、商品コンセプト開発演習;担当 忽那公範、松本勝英

参加企業の商品をテーマに、商品コンセプトづくりのプロセスを具体的に学ぶ

・商品の本質

・ターゲットは

・効用とは

・場面とは

・商品コンセプトに

 

Ⅸ、市場導入戦略の立て方;担当 松本勝英

⑴、新商品の普及過程とインフルエンサーの発見

⑵、口コミの開発

⑶、トライアル、コミュニケーション、流通

⑷、導入後のフォローアップ

⑸、新商品成功の10の原則

 

Ⅹ、課題解決ミニコーチングとまとめ;担当 松本勝英 忽那公範
松本勝英の長年にわたる商品開発コンサルティングの経験と

忽那公範の花王における現業体験をもとに
参加者の課題の抽出、課題の問題点と本質、課題解決の方法などを

ディスカッション形式で展開していきます。

【セミナー参加企業】

    これまでに4000名以上の方々にご参加いただいています。(旧社名は、そのまま掲載しています)

    「商品開発プログラムのたて方<36時間コース>セミナー」

    参加企業は、下記URL(赤字)をクリックしてください

    URL  https://www.jorien.com/service/seminar/36hrsprogram/list.html

 

***********************************************

★無料セミナー

    商品開発セミナー「商品開発サクセス・セオリー<20時間>セミナー」

    を体験してください。

  9月10日(金)15:30~17:00

    申し込み   下記URL(赤字)をクリックしてください

    URL : https://forms.gle/2LPbUyPTV1jVZiCF9

★日本オリエンテーションのメルマガ「マツモト・ミネラル」申込

    申し込み   下記URL(赤字)をクリックしてください

    URL : https://forms.gle/1Z1DoMGBr8eUwsDr6

★わくわく商品開発研究所のメルマガ申込

    申し込み   下記URL(赤字)をクリックしてください

    URL : https://forms.gle/XhEaJEHtvqHpVp3F7