★★【案内1】★★

日本オリエンテーションとわくわく商品開発研究所の共催セミナーは​下記URLをクリックしてくだい。

Mysite (wakuwakuken.com)

★★【案内2】★★

「ヘルスケア」の商品コンセプト​作りに役立つ資料があります。​下記URLをクリックしてくだい。

Mysite (wakuwakuken.com) 

わくわく商品開発のススメ 

消費者が喜ぶ商品が思い浮かんで、担当者がわくわくする商品開発をするとヒット商品が生まれます。

消費者視点(消費者の行動、気持ちを考える)で、消費者が欲しくなる商品を提案する商品開発です。

<<<わくわくする商品開発担当者を増やしたいです>>>

消費者視点の商品開発を

これまで、花王で27年。大手素材メーカーで5年間、多くの商品開発をしてきました。

花王では、消費者視点の商品開発(BtoC商品開発)をしてきました。

消費者の生活、気持ちを考えて、消費者が喜ぶ新しい商品の提案をしてきました。

ビオレ毛穴すっきりパック、ビオレふくだけコットン、ビオレさらさらパウダーシート、めぐりズム蒸気でホットアイマスクなど多数。

大手素材メーカーでも、消費者視点の商品開発(BtoBtoC商品開発)を多数してきました。

「この素材・技術を使えば、こんな消費者が喜ぶ商品ができる」

という提案をBtoCメーカーにすることで、

BtoCメーカーに素材、技術が採用されます。

スペックの説明だけでは採用されにくいです。

BtoBメーカーも、BtoCの商品開発力を身に着けると

仕事がはかどるということを感じました。

BtoBメーカーも、BtoCメーカーの素材・技術開発研究部門も、

「消費者にとって、生活に役立つ、豊かな気持ち、欲望、快適、幸せを感じる」

​を考えることが大事です。

「わくわく商品開発」で考えることは、

消費者の生活行動と気持ち

何か新しい提案はできないか

⇒ 既存技術、既存商品でも、

   使い方、ターゲットを変えると、新しくなります。

⇒ 新しい技術も仕上げ方が重要です。

⇒ ニーズは、悩み解決だけだなく、

   不の解消(不満、不便、不快など)

   快の提案(気持ちいい、便利など)

     

★「わくわく商品開発のススメ」の講演

  開発塾、セミナー・コーチングをしています。

(詳しくは下記URLをクリックしてください)

★こんな方にオススメ

・商品開発の基礎を学びたい方

・新プロジェクト立上げの時

・新ブランド立上げ時

・新商品立上げ時

・既存商品の改良時

  

「経歴の詳細」のページ参照

https://www.wakuwakuken.com/blank-7

セミナー(開発塾など)、コンサルティング、

講演他問い合わせ、メルマガ希望の方は

https://forms.gle/DFMZg1t6CC4NRdHr6​  まで

    

★★【案内1】★★
日本オリエンテーションと

わくわく商品開発研究所の
共催セミナーは
​下記URLをクリックしてくだい。

Mysite (wakuwakuken.com)



★★【案内2】★★
「ヘルスケア」の商品コンセプト
​作りに役立つ資料があります


Mysite (wakuwakuken.com)