​商品コンセプト作り20の視点

1 場面を変えて考える

2 カテゴリーを変えて考える

3 使い方を変えてみる

4 過去の商品分析をする。

     ヒント満載。時代や価値観が変化して活かせるかも

5 消費者の行動をなぜなぜなぜと考える

6 商品のタイプを間違えない

7 NGスペックはカテゴリーを変えると活きる

8 別の商品に使われている技術、コンセプトを活用する

9 0.3歩先のコンセプト

10 通常の真逆から発想する

     (例)きれいにならない洗浄剤

11 満足から感動、期待から以外、

         当たり前から驚き、まじめからこだわりへ

12 ネガティブ解消からポジティブの強化

13 商品は効果、使用感、使い方などの総合力

     ⇒効果が低くても使いやすい商品が売れることもある

14 当たり前の不便さ、あきらめていたことが

         ちょっとでも改善したらチャンス

15 製品と商品の違いを理解する

16 ニーズを提案する

17 そのカテゴリー、商品の欠点から考える

18 新しさ、差別化にこだわる

19 欲望を叶える要素を考える

20 機能・性能を価値に変換する

21 街の変化を感じる

22 言葉を深く考える